バスロケ世直し隊

決起集会 2018/7/28 in 豊田

[イベントの詳細はこちら]

本プロジェクトを契機に発足した「バスロケ世直し隊」は、第13回日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)の開催に合わせ、2018年7月28日(土) に愛知県豊田市にて決起集会を行います。JCOMMにも関連発表がありますので、ぜひ併せてご参加ください。


日本のバスロケの今

現在日本には、バスの現在位置や遅れ状況を把握するバスロケーションシステム(バスロケ)が多数導入されています。

しかしその情報提供は、バス会社別にバラバラなWebサイトやアプリ、一部のサイネージなどに限られ、その機能や品質も様々で、利用者が欲しい時に欲しい情報をすぐに得られません。

またバスロケ情報は、遅延対策などバスサービス改善のための分析にも有用です。しかし、バス会社内やシステム内に埋もれており生かされていません。

このように効果の乏しいバスロケの導入に、国や自治体の補助金が消化されています。また、複雑なシステムの運用はバス会社の負担にもなっており、人材不足に拍車をかけています。

私たちの解決策

私たちは、バスロケデータの標準化・オープンデータ化により、この問題を解決したいと考えています。

標準化されたバスロケ情報がオープンデータとして流通し、サービスを簡易かつ誰でも自由に開発できるような「バス情報エコシステム」を構築していきます。それにより、バス情報が多様なサービスを通じて利用者に行き渡り、バスを安心して便利に利用できる世界の実現を目指します。

私たちの取組

私たちは下記の取組を通じて、「バス情報エコシステム」の実現を目指します。

1. 地域におけるバスロケデータの標準化・オープンデータ化の支援

2. 日本におけるノウハウ集積・政策提言

3. 技術開発

  • 標準化・オープンデータ出力に対応したバスロケ製品の開発
  • バスロケデータを用いた情報提供、分析システムの開発